久田家久田流~両替町久田家~

茶道久田流に就いて

久田流について

久田流は清和源氏の流れを汲む武士の家柄で、近世の祖実房は6孫王経基3男武蔵守満季8世高屋次郎実遠孫御園四郎範広11世である。

実房、久田形部少輔は、佐々木義実の親族で、近江国蒲生郡久田村に住し、後京都に移った。本姓は岸下であるが、京都に移ってより本間又は雛屋と称し、また久田と改めた。

実房は田中了専の女宗円、すなわち千利休の妹をめとり、従来久田家が茶家となる深い因縁をここに結んだ。しかし久田家と千家との関係はもっと古いものであるらしい。宗円が久田家へ輿入するに当たり、利休は自ら茶杓をけずってこれに「大振袖」と名づけ、妹に与えたという面白い言い伝えもある。

実房の子に秀房(久田将監)、房政があった。房政は茶道を千宗易に受け、豊臣秀吉の命に依って茶道を以って職務と為し京都両替町に邸地を賜った。そして代々同所に住むことになったので久田流茶道に於いては房政を以てその初代とする。房政、俗名は新八といい、剃髪して宗栄と号した。彼は当時有名な茶人であったというが、詳しくは明らかでない。

二代常房、俗名は新兵衛といい、宗利又は受得斎と号した。千宗旦の女暮子をめとり、二男二女を挙げた。長男は三代徳誉宗全であり、二男は表千家江岑宗佐の後を嗣いだ随流斎宗佐である。また弟の清兵衛当直は世に藤村庸軒として知られている。

以上は久田家発祥より三代宗全に至るまでの概観であって、これだけでも久田家は表千家と密接な関係にあることがわかるが、宗全の代になって、再びその長子原叟宗左が随流斎の嗣となっている。これが表千家で重きをなしている覚々斉である。次いで如心斉を経て啐啄斎に至った時三度久田家より入って之を嗣いでいる。これが6代宗渓の長子宗左すなわち了々斉である。

なお、久田家11代無尽は田代家より入って宗員の跡を襲っているが、これが玄々斉の甥に当たる関係から、久田家はこの時より裏千家とも姻戚の間柄となった。

久田流の点前は、宗全がその基礎を作り、宗也がこれを大成したものである。

宗全は正保4年(1647年)家光の治世に生まれ、宝永4年61才で歿した。5月6日はその命日で、久田流では宗全忌として今にこれを重んじている。

宗全は宗旦門であるが、前述のように自らは宗旦の外孫に当り、伯父に江岑宗佐、藤村庸軒を持っているのみならず、弟宗佐(随流斎)は江岑の跡を嗣ぎ、そのまた跡を長子原叟宗左がおそうなど、それらの関係からみても当時の茶道会に重きをなす人物で、その当時表千家のために尽くしたこと、久田流茶道の基礎を築いたことのほか彼の自造になる宗全籠の名によって一般的に親しまれている。

その他、自造の茶碗、炭籠等は何れも今になお茶道会の至宝であり、その好みはいわゆる久田好みとして一貫して今日まで流れている。

久田流の点前の特徴としては、例えば勝手の順逆を問わないことなどがあるが、特に婦人点前と称し、婦人のための独自の点前のあることは特筆すべきであろう。これは利休が妹宗円に「婦人シツケ点前一巻」を授けたのに始まるもので、今に濃やかな風流を伝えている。

久田流久田家茶道系譜(PDF)